ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

環境

環境方針

基本理念

三菱重工機械システム株式会社は、「三菱重工グループ 環境基本方針」を踏まえ、かけがえのない地球環境の保全が、人類共通の重要課題であることを認識するとともに、持続可能な社会を目指して、社員一人ひとりが社会の一員であることを自覚し、事業活動を通じて、環境の保全と環境負荷の低減に努力します。

方針

三菱重工機械システム株式会社は、事業活動を通じて、環境の保全と環境負荷の低減に貢献するため、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進します。

  1. 当社の全ての活動・製品及びサービスに係わる環境影響を認識し、環境汚染の予防及び環境保全活動とともに、継続的な環境マネジメント活動を推進します。
    なお、環境保全には、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応等を含みます。
  2. 当社の全ての活動・製品・サービスに係わる環境関連の法的及びその他要求事項を順守します。
  3. 当社の全ての活動・製品・サービスに係わる環境影響のうち、以下の項目を当社が管理すべき環境管理の目標として推進します。
    1. ( 1 )製品の環境負荷低減の推進
    2. ( 2 )現地工事における環境保全・改善活動
    3. ( 3 )教育、職場清掃等、各職場等における環境保全活動
    4. ( 4 )省エネルギーの推進
    5. ( 5 )省資源の推進
    6. ( 6 )廃棄物の発生抑制
  4. 一人ひとりが環境に対する意識を向上させ、環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境方針を全社員に周知するとともに公表します。

上記方針達成のために、目標を設定し、定期的に見直し、環境マネジメント活動を推進します。

2020年4月1日
三菱重工機械システム株式会社 取締役社長 池田 直昭

各プロダクト・事業本部 環境方針

社環境方針に基づき、各プロダクト・事業本部の環境方針を次のとおり定める。

ITSプロダクト 環境行動指針

ITSプロダクトは、経営理念「優れた品質の製品と、質の高いサービスを提供することによって、社会に貢献する」に基づき、高品質の製品・サービスを提供し、環境にやさしく信頼性の高いITS(高度道路交通システム)の実現により持続可能な社会への貢献を目指して、以下の環境行動指針を定める。

  1. 環境保全への取り組みを経営の最重要課題のひとつと位置付け、環境の保全と向上に取り組む。
  2. 関連法規、条例その他要求事項を遵守し、社会的責任を果たすとともに、環境パフォーマンスを向上させるため、自主的な目標を定めてこれを運用・評価し、環境マネジメントシステムを継続的に改善する。

2021年4月1日
三菱重工機械システム株式会社 ITS事業本部 執行役員本部長 山田 厚士

設備インフラ事業本部 環境方針

設備インフラ事業本部は、社の環境方針に基づき、以下の環境方針を定める。

環境方針

  1. 環境汚染の予防及び環境保全活動とともに、環境マネージメント活動の継続的改善を図る。又、環境マネージメント活動の推進を通じ、持続可能な社会を目指す。
  2. 環境関連の法的及びその他要求事項を順守し、社会との共存を図る。
  3. 以下項目を当事業本部の管理すべき環境管理の目標として推進する。
    ( 1 )環境負荷を低減した製品・技術、サービスの開発・提供
    ( 2 )産業廃棄物(一般廃棄物及びサプライチェーン含めた不適合品)の低減
    ( 3 )エネルギー使用量の低減
    ( 4 )環境事故(化学物質の漏洩、高地球温暖化係数ガスの放出等)の撲滅

2021年4月1日
三菱重工機械システム株式会社 設備インフラ事業本部長 西田 昌富

新聞輪転機・紙工機械プロダクト 環境方針

  1. 基本方針
    当社の事業活動の全ての領域で、環境負荷の低減に努めると共に、環境に優しい製品とサービスを提供することで、持続的発展が可能な社会の構築に貢献します。
    また、環境に優しい工法や原材料を使用し、環境に優しい技術を開発することを絶えず追求し環境保護に努めます。
  2. 行動指針
    1. ( 1 )環境方針を達成するために製品の設計・製作・物流・サービスにおいて、環境に与える影響を的確に捉え(環境側面抽出)、技術的・経済的に可能な範囲で、環境目的及び目標(改善実行計画)を設定・見直しを行い、全社員が環境の継続的な改善・向上に努める。
    2. ( 2 )環境関連法規、条例及びその他の協定等を遵守すると共に、必要に応じて自主基準を定めて運用・評価し、地域社会との協調を図る。
    3. ( 3 )あらゆる事業領域で環境汚染の予防に努める共に、環境影響のうち次の項目を優先的に取り組むと共に、各部門の業務自体が「環境負荷低減」に直結していることを良く認識すること。
      1.  [ 1 ] 工作部
         工場排水の「水質汚染防止」に努めると共に、「工数低減」「効率的な生産計画・工数管理」による「環境負荷低減」に努める。
      2.  [ 2 ] 生産管理部・調達統括部
         外注先・購入先を指導し「環境に配慮した製品の製作指導・調達」に努める。
      3.  [ 3 ] サービス部(含む営業部門)
         「お客様の環境負荷低減」に繋がるサービス工事の提案及び「環境配慮製品」の積極的販売に努めると共に、拠点で社有車の「エコ運転」を励行し「環境負荷低減」に努める。
      4.  [ 4 ] 品質保証部・技術部
         「原価低減=環境負荷低減」であることを認識し、「環境配慮製品の開発・設計」「クレーム・仕損低減」で「環境負荷低減」に努める。
      5.  [ 5 ] 事業管理部
         環境教育を通じて全社員の「環境意識の向上」に努めると共に、環境に関する情報を積極的に発信する。
    4. ( 4 )この「環境方針」は社内外に公表する。

2020年10月1日
三菱重工機械システム株式会社 印刷紙工機械事業本部長 大久保 光一