ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

労働安全衛生

労働安全衛生方針

基本方針

事業活動のあらゆる面で、いのちを大切にし、傷害や疾病の予防を強化した人にやさしい経営を行い、労働安全衛生に配慮した技術・製品の開発、提供を通じて、安全で持続的発展が可能な社会づくりに貢献します。

行動指針

  1. 責任と役割が明確な労働安全衛生管理体制を確立し、関連法規、条例その他要求事項を遵守します。
  2. 事業活動から発生する心身的リスクを最小限にするために、人に与える影響を的確に分析・評価し、技術的・経済的に可能な範囲で労働安全衛生に係わる目的・目標を設定するとともに、本方針を含め定期的に見直して継続的な改善を図り、もって労働災害・事故並びに職業性疾病の未然防止に努めます。
    1. 人の心身に影響を与える恐れのある設備や工法の改善を図る。
    2. 我々が製作している製品の製作、建設においては、重大な災害に繋がるリスクが存在していることを常に認識し、安全管理に努める。
    3. 職業性疾病の予防を図ると共に、健全な身体づくりと快適な職場づくりを推進する。
    4. 社会のニーズを踏まえ、ユーザーが安心して使用でき、且つ心身へのリスク低減に貢献する製品の設計・開発・提供に努める。
  3. 教育、社内広報活動等を通じて、全従業員に対し、この方針の理解と労働安全衛生に関する意識の向上を図ります。

この方針は、取引先、一般の人が入手できるようにします。

平成30年7月1日
三菱重工機械システム株式会社 取締役社長 長谷川 守