ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

海外ETCシステム[ ITS ]

より快適な道路交通

クルマの自由な流れを生み出すマルチレーン・フリーフロー(MLFF)システム。MLFFの活用範囲は高速道路の料金徴収だけに留まらず、駐車場の支払い、車両の走行管理、自動車税管理の効率化など、幅広いITSアプリケーションへの応用が可能です。

MLFFシステムの特徴

  • 料金所設置スペース不要

    機器を道路の頭上に設置するのみのため、料金所を設置するスペースが不要になります。

  • 交通渋滞の解消

    車両を制止するためのバーが存在しないため、料金徴収の際に停止・減速する必要がなく、渋滞解消に貢献します。

  • 豊富な用途

    駐車料金の支払い、車両の走行管理、自動車税管理の効率化など、高速道路の料金精算以外にも幅広いITSアプリケーションへの応用が可能です。

MLFF実証実験(マレーシア)

RFIDリーダーの特徴

  • 小型かつアンテナ部と処理部が一体型となっており効率的な据付/メンテナンス作業が可能。
  • アジア主要国の電波法により求められる出力4WERP以下での高速走行車両との通信対応。
  • 料金所向けとMLFF向けのどちらの料金収受システムにも利用できるデュアルユース設計。
  • 接続ケーブルにイーサネットケーブルを採用したことにより、容易な据付が可能。
  • 3世代分のセキュリティ鍵を格納できる盤石なセキュリティ設計。
  • 車両搭載用RFIDとして国際的にデファクトスタンダードとなっているISO18000-6Cに準拠。
  • 高速(180キロメートル毎時)対応可能。

RFIDリーダーの用途

  • 高速道路の料金収受システム
    (料金所およびMLFF)

  • 入退館管理

  • 駐車場料金支払いシステム

  • 高速道路の旅行時間計測

RFIDリーダーの実装例
RFIDリーダーの実装例の写真

シングルレーンシステムの導入事例

シングルレーンシステム(ベトナム)
Global ETC車載器

当社は、ベトナムの高速道路向けに、ETC用のアンテナおよび車載器5万台を納入しています。ベトナムでは、急速な経済発展に伴い、将来的に約6,000キロメートルにわたる高速道路の建設が計画されており、自動車の増加に伴う渋滞が課題となっています。今回、ETCアンテナおよびGlobal ETCが利用されるのは、南部のホーチミン市~ゾーザイ市間の約55キロメートルの区間です。

製品情報