ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

株式会社神戸製鋼所 神鋼神戸発電所[ 納入実績 ] [ 鋼製煙突 ] [ 煙突・貯蔵タンク・免震制振装置・水圧鉄管 ]

株式会社神戸製鋼所 神鋼神戸発電所の写真
客先 株式会社神戸製鋼所殿 完成年月日 2000年(平成12年)9月29日
特徴

本煙突は、神戸製鋼所殿が関西電力殿へ電力卸供給 (IPP)のため建設した神鋼神戸発電所(1号機、2号機、各700メガワット)向けに建設されたもので、1系統につき煙突1筒身が対応しています (合計2筒身)。
2本の自立タイプの煙突が連立する型式で、景観に調和したデザインを採用しています。 また、制振装置を設置することにより、自立型では最高の150メートルの高さを達成しました。
1つの筒身は、構造部材である鋼製の外筒と、燃焼排ガスが通る内筒から成ります。内筒の材質には、長期耐用及び長期メンテナンスフリーを可能とする、スーパーステンレス材 (YUS270) を採用しています。

諸元

筒身外筒径 底部10mφ~直筒部7,5mφ(鋼板IN)
内筒径 6,86mφ (鋼板IN)
筒高 GL+150m
付帯設備 ラック&ピニオン式 エレベータ、TMD式 制振装置、高光度航空障害灯、頂部FRP製美観ルーバー

ギャラリー

株式会社神戸製鋼所 神鋼神戸発電所の写真
全景写真

製品情報