ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

富士石油株式会社 袖ケ浦製油所[ 納入実績 ] [ 鋼製煙突 ] [ 煙突・貯蔵タンク・免震制振装置・水圧鉄管 ]

富士石油株式会社 袖ケ浦製油所の写真
客先 富士石油株式会社殿(日揮株式会社殿経由) 工事名称 袖ケ浦製油所 第2FCC建設工事向け廃熱ボイラー設備新設 煙突工事
完成年月日 2007年(平成19年)6月30日
特徴

本煙突は、日揮殿が富士石油殿に納入したFCC設備(流動接触分解装置)のうち、廃熱ボイラー用の煙突を新設したものです。
非常にスレンダーな煙突であるため、揚力振動対策として煙突の頂部に2台の制振装置(TMD)を設置しています。

諸元

煙突型式 自立型(TMD付)
煙突高さ GL+90m
筒身径 φ5.5m(基部)~φ1.86m(頂部)
塗装仕様 低汚染型ウレタン樹脂系
筒内ライニング仕様 軽量断熱キャスタブル 40mm (鋼板側)+高強度キャスタブル 40mm (排ガス側)
付帯設備 昇降設備(螺旋階段、椅子)及び踊り場はステンレス製

ギャラリー

煙突全景
制振装置(TMD)

製品情報