ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

メンテナンス[ 鋼製煙突 ] [ 煙突・貯蔵タンク・免震制振装置・水圧鉄管 ]

メンテナンス

点検・調査分析評価から、個々の煙突に即した最適メンテナンス設計、品質・安全を含めた施工管理、施工後のアフターサービスと一貫した煙突メンテナンスのソリューションサイクルを構築します。
65年の経験、500基建設とアフターサービス実績による豊富な技術をご提供します。
最新の技術や知見適用による評価、信頼性の高い最適なメンテナンスをご提案します。

メンテナンスのイメージ図

(1)バルーン式点検装置(中部電力株式会社殿との共同開発設備)

大規模仮設を必要としない、バルーンの浮力による煙突内部点検装置です。
筒内点検期間は3~4日程度の短期間で筒内全面の状況を確認できます。
従来のゴンドラ組立作業や揚重作業を無くし、高所作業レス化が計れます。
画像処理により写真展開記録、クラックなどの異常を履歴管理出来ます。

バルーン式点検装置の構成

バルーン式点検装置構成図
バルーン式点検装置構成図

画像処理による点検記録例

画像処理による点検記録例のイメージ

(2)通煙中内部点検装置(中部電力株式会社殿との共同開発設備)

複数のユニットの煙源がある等、煙突の通煙が止まらない場合でも、マンホールから内部の点検が行えます。
コンパクトな可搬サイズとした装置構成で、カメラ視認、撮影およびライニングのコアサンプルが採取出来ます。

内部撮影設備

装置全景
カメラ
モニタ・操作盤
点検状況

コアサンプル採取設備

装置セッティングと採取状況
装置セッティングと採取状況
筒身外面
筒身内面

(3)ウォータージェット ライニング斫り工法 

近年では、高強度の緻密な材料を用いた無機系ライニングの修理工事が増え、また、作業員の高齢化や労働力不足の問題と合わせ、ライニング斫り作業の軽減と作業環境の改善が求められています。
当社では、この問題を解消するウォータージェット斫り工法を開発し、過去多くの施工実績を有しています。
本工法は、ピックやブレーカーなどを用いた乾式斫り工法に比べ、作業員の負荷は少なく、低騒音で夜間作業も可能なことにより、限られた定検期間のなか、大面積修理を可能とした効率的な工法です。

ウォータージェット斫り能力

表は横にスライドしてご覧いただけます。

項目 仕様
高圧ポンプ 1,000kg/cm2
水量 120L/min
斫り能率 1.2m/min
斫り速度 1.5m/min
ノズル径 1.5~1.8mmφ
ウォータージェット斫り状況
ウォータージェット斫り状況
ウォータージェット斫り装置外観
ウォータージェット斫り装置外観

(4)自動高圧水洗装置

煤塵や腐食成分が筒内に付着して成長した付着生成物(固形物)は、そのまま放置すると煙突から飛散し、周辺環境問題となることがあります。
当社の自動高圧水洗装置による水洗にて、付着物の生成を抑制することが可能です。

自動高圧水洗装置

自動高圧水洗装置のイメージ図
自動高圧水洗装置の写真

(5)3Dスキャナ&モデリング技術

特別な設備を設けず短時間で、デジタルカメラ撮影・レーザースキャナにより複雑な形状の3Dモデリングを行います。

【主な用途】

  • 建設時の図面が無い老朽構造物の補強・耐震化
  • 複雑な構造体の改造工事
  • 現物合わせが必要な製品加工など

煙突集煙部計測結果に基づくモデリング例

煙突集煙部計測結果に基づくモデリング例の写真

製品情報