ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

ガスホルダ[ 煙突・貯蔵タンク・免震制振装置・水圧鉄管 ]

容量可変・圧力一定で大容量のガスを貯蔵します

ガスホルダの写真
発生量が変わるガスを一定の圧力で貯蔵できます

貯蔵量が変化するガスの大量貯蔵に適します。製鉄所などで発生する副生ガスとそれらの消費量のアンバランスを吸収するバッファータンクとして使用されています。

ラインアップ

COSタイプ(Cylindrical Oil Sealタイプ)ガスホルダ

三菱重工にて1980年代に開発した独自形式のガスホルダ。
従来の多角形型ガスホルダとグリス密閉式ガスホルダの良い点を取り入れて改善したものになります。
円筒形・シール油静圧によるガス封止機構を持ち、大容量かつ比較的圧力の高いガスの貯蔵に適しています。
主に製鉄所の高炉ガス、コークス炉ガスの貯蔵に使用されます。
現在私たちが建設するガスホルダは全てこの形式となっております。

多角形型ガスホルダ

独M・A・N社が開発したガスホルダ形式で、多角形・シール油静圧式ガス封機構を持つものです。
私たちはシール装置の取替、耐震工事、側板溶接割れの補修、腐食箇所の更新など、様々なメンテナンスサービスを行っております。
他社製ガスホルダのメンテナンスもご相談に応じます。

グリス密閉式ガスホルダ

独Klǒnne社が開発したガスホルダ形式で、円筒形・グリス密閉式ガス封止機構を持つものです。
シール装置の取替、グリス給油装置の補修、腐食箇所の更新など、様々なメンテナンスサービスを行っております。

製品情報